薬局タローファーマシー
会社概要
ごあいさつ
経営理念・介護支援事業
求人ご案内
店舗紹介
薬剤服用歴
居宅介護
無菌薬剤
薬剤管理相談
デイサービス
小規模多機能型居宅介護サービス
調剤業務
服薬指導
医薬分業Q&A
かかりつけ薬局って何
リンク集
お薬まめ知識
お薬まめ知識
戻る
■かかりつけ薬局って何?

「かかりつけ薬局」をご存じですか?
「かかりつけ薬局」では、あなたの服用薬を記録した「薬歴簿」を作っています。病院・医院・歯医者さんなどから処方された薬、また薬局で購入した薬の飲み合わせのチェック、アレルギーの心配についても相談、助言が受けられます。
お住まいの近く、職場の近くなど「かかりつけ薬局」を決めて下さい。
薬局では皆様のお薬を記録したり、親切な服薬指導を行っていますので病院、診療所から直接もらうより患者さんの負担は若干高くなります。


皆様が病院や診療所から「処方せん」をもらったらどうしていますか?

お薬を扱っているお店は「薬局」「薬店」「ドラッグストア」などがあります。その中で「処方せん」のお薬を扱うのは「薬局」です。

「処方せん受付」「保険薬局」「基準薬局」などの表示があれば「薬局」で、必ず薬剤師がいます。
お住まい、職場の近くに「あなたのかかりつけ薬局」を決めて、お薬をもらって下さい。
このマークって何?

2つの名前
おくすりのシートのウラやパッケージに書いてある名前は商品名と言います。おくすりはもうひとつ「成分名」という名前を持っています。
「成分名」が同じなら「商品名」が違っても同じおくすりです。たとえ外国のおくすりでも「成分名」が分かれば日本のどのおくすりと同じか分かります。薬局でおくすりを受け取る時にもうひとつの名前を教えてもらいましょう。

作用と副作用
痛み止めのおくすりを飲んで痛みが止まるのは「作用」、胃が荒れるのは「副作用」というのはよく知られています。でも、痛み止めの「副作用」は痛みを止めようとして身体に働く「作用」と同じ働きから生まれてきてしまうのは案外知られていませんね。

おくすりの「副作用」はおくすりに期待される「作用」とウラとオモテの関係にあることが多いのです。
薬剤師は患者さんになるべく「副作用」がでないように、おくすりを飲むときの注意をお知らせしています。おくすりの作用、副作用と上手にお付き合いしていきましょう。

「みんなのくすり」と「あなただけのくすり」
薬局やドラッグストアで買うことの出来る大衆薬と医師に処方してもらうおくすりは時として「成分」が同じことがあります。
たとえばH2ブロッカーというおくすりは大衆薬では胃酸過多のおくすりとして使われる「みんなのくすり」、病院ではあなたの病状に合わせて量や服用時間を調節して胃潰瘍や十二指腸潰瘍を直してくれる「あなただけのおくすり」です。

あなただけのおくすりは、他の人が飲んでもあなたほどの効果が出ないばかりか、病気とあわないこともあるので、他人にすすめてはいけません。
みんなが使えるおくすりと医師が選んでくれた「あなただけのおくすり」とは大事に使いわけましょう。

お問い合わせ御質問等は下記まで
◆◆◆ 薬局タローファーマシー ◆◆◆
住所 福島県いわき市平谷川瀬字明治町77
電話 0246-25-3610 FAX 0246-22-6625
電子メールでのお問い合わせは
taropha@mb.infoweb.ne.jp